Skip to content

咽頭の粘膜部分が炎症してしまう急性咽頭炎

急性咽頭炎とは、咽頭の粘膜部分が炎症を起してしまう病気です。

よく、風邪の初期的症状として見られることが多いので、わずらった経験があるという方もまた多いのではないでしょうか。
原因については、先のように風邪のウイルスなどが原因となります。

インフルエンザや細菌といったものも急性咽頭炎の原因となるでしょう。

更には、汚染されている空気や刺激の有るガスを吸入することで起こる場合もあります。

このことから、職場環境などから急性咽頭炎になるという事もあるわけです。
症状については、自覚症状がはっきりとあるものが多いかと思います。

先ずは、炎症を起して腫れてしまうことによって、咽頭が痛いですとかいがらっぽさなどを感じることがあるでしょう。

喉を潤してもなおいがらっぽいなどという場合には急性咽頭炎である可能性が高いようです。

観賞が咽頭の全体的な部分に及んでしまうことによって、飲食物を飲み込んだときに痛みを覚えるという事も。

更には、全身の倦怠感や発熱などの症状が現れる場合もあるでしょう。
治療ですが、基本的には安静と保温が大切になります。

症状が強い場合は、症状ごとに合った薬剤を使用します。

炎症酵素剤ですとか、発熱が伴う場合や傷みがあると行った場合には、鎮痛解熱剤、細菌による感染の場合ですと抗生物質などを用いることもあるでしょう。

ただし、ウイルス感染の場合には抗生物質の効き目と言うものはありませんので、あくまで細菌感染を合併している場合のみ有効的な薬剤となります。
日頃から出来る予防対策としては、やはりうがいをして咽頭を清潔にすることでしょう。

帰宅時ですとか、食後・のどの渇きなどを感じたときに小まめにうがいをすることが大切です。

また、空気が汚れている場所へ出向く時ですとか、インフルエンザが流行する時期などにマスクを着用するというのもまた有効的な手段でもあります。

これは、風邪の予防と言う部分においても共通していますよね。