Skip to content

声帯が麻痺してしまう声帯麻痺について

声帯麻痺とは、病名通りに声帯が麻痺してしまう病気です。

声帯に関しては、片側であることもありますし両側が麻痺状態になるといったケースもみられます。

反回神経が障害されることによって起こるという点から「反回神経麻痺」などという別名もあるのです。
では、声帯麻痺の原因と言うものはあるのでしょうか。

考えられるものとして、脳障害や首・食道・悲観視・好条件などにおける病気があると起こってしまうことも。

具体的な病気の種類ですが、腫瘍(悪性・良性)やウイルス感染などが考えられます。

しかしながら、神経自体の病気となっているものですので麻痺ということは殆どないでしょう。
症状に関してですが、声帯が閉じない状態になってしまう事によって声ができなくなるという事が特徴的です。

更には、むせてしまって飲食物が器官に入り込んでしまうという事も。

そして、息が漏れてしまうことでしわがれ声となることもあるでしょう。

声帯の両側が麻痺状態となってしまったときには呼吸困難などという症状が現れることもありますので生命の維持と言う点においても危険にさらされることもあるかと思います。

片側の麻痺ですとその可能性は殆どありませんが、誤嚥などの危険性が高まるかと思います。
治療においてですが、基本的には原因となる病気に対する治療を行うことで声帯麻痺も改善されるでしょう。

しかし、病気そのものが良くなっても麻痺だけが残ると行ったケースもみとめられています。

このような場合ですと、手術を行うこともあるでしょう。

手術を行うには、外来で行うことは出来ませんので入院が必要となります。
麻痺状態が片側だけと言ったときには、声帯を内転させる手術を行うことも。

両側の麻痺状態の場合には、気道を確保する必要がある為に声の質そのものを落としたとしても声帯の一部を焼切る眼という方法が選択されるかと思います。

切開術ではなく、負担の少ないレーザーを使っての手術であるのが今では一般的となっています。