Skip to content

喉が持つ役割について

喉は、「咽頭」と「喉頭」という2つから構成されています。

咽頭は、鼻から取り込んだ空気の通路のことです。

咽頭があるからこそ正常な呼吸が行えるといっても過言ではないでしょう。

喉頭においては、気管の入り口当たりにあり口から取り込んだ食べ物の通路なのです。

私たちが飲食をスムーズに行えるのは、この喉頭があるからなのです。
咽頭についてより詳しくお話してみましょう。

これは、リンパ組織の集まりである「口蓋桃」という部分によって病原菌などに対して防御する働きを持っているのです。

風邪などを始めとするウイルスに対してブロックしようとする働きをもっているのです。

また、声を出す時にも大きな役割を果たしています。

発生をするときに、鼻腔に空気が漏れるのを防いでしっかりとした発生が出来るように働きかけたり、鼻に食べ物が流れ込んでしまわないように鼻腔の通路をふさぐなどと言う機能があるのです。

喉頭に関しては、飲食物が気管ではなく「食道」へ流れるような働きをもっています。

このことで、スムーズに消化管へと飲食物を流せるのです。

また、異物が進入してきた時に、体外に排出するという働きもあります。

この排出する行動が「咳」なのです。

更に、声を発するにのに大切な声帯というものがあります。

様々な声を作り出せるのは喉頭があるからなんです。

喉頭の筋肉によって声帯を微妙に調整をしているからなのです。

呼吸をする・飲食物を摂取する・病原菌を排出する・異物を排出すると様々な働きを持っている器官ですので、何気なく使っている部位ではありますが日頃からうがいなどをするなどしてそのケアを行うと良いでしょう。

また、痛みなどの初期症状が出たらすぐに対処をするというのも大切です。

軽視しがちな症状ではありますが、放置をしていることで声が出にくくなってしまったり食べ物などを飲み込めないなどという状態にもなりかねませんので注意が必要です。

アレルギー症状などがある方ですと、特定の食べ物を含むと喉が腫れてしまうという事もあるようです。

食物アレルギーに関しては、病院にて検査を行うことができます。

病気にかかっている状態でなくても受けることは可能ですので、自分自身の身体を知るという意味合いにおいても受けてみるのもまた良いのではないでしょうか。

日頃からのケアを行い、早い段階で対処をすることがより健康な状態を維持し病気を予防・早期治療をするという上で大切になってくるのです。